人気ブログランキング |

大分市の個別学習塾アップ

upkobetsu.exblog.jp
ブログトップ

2019年 03月 14日 ( 1 )


2019年 03月 14日

高校入試を終えて

なかなか更新が出来ず申し訳ない限りです。
ついに高校入試が終わりました。
そして、大学入試の後期試験も終わりました。
この業界では入試の終わりが1年の終わりです。
合格発表がまだなのでホントの意味では終わっていませんけどね。

今年は色々とバタバタしてしまって迷惑をかけてしまいました。
もう少し私自身に余裕が必要だなと反省です。
そして体力的な衰えを感じています(笑)

すでに新年度への取り組みがスタートしています。
入試とともに授業の担当替えを行いました。
これまでほとんど直接指導できていなかった新中3生たちの担当に入る形に変更しました。
特に今回の入試問題を見ても数学は重要であるとあらためて感じました。
元々、中3の数学は全員直接担当するつもりでいましたが、入試問題を見てさらに思いました。

今年度はうちの課題も浮き彫りになりました。
国語、社会をいかに強化するかという点です。
個別指導の場合、この2教科を授業で取る生徒はかなり稀です。
しかし、この2教科が弱点になっている生徒が多いのも事実です。
特に国語は後回しにされることが多く、ほぼ毎年のように悩まされます。

大分県の入試の場合、どの教科でも問題文の長文化が傾向として挙げられます。
これに対応するためにも国語力は必要不可欠です。
普段から問題文をまともに読まずに問題を解く生徒がいますが、当然厳しく注意します。
何を問われているのか確認もしないで問題を解いても果たして正解できるでしょうか?
当たり前のことなんですが、まずは問題文をしっかりと読むということが大切です。

社会も後回しにされがちな教科です。
確かに社会は短期間でも点数を伸ばしやすい教科ではあります。
しかし、ギリギリの時期にやっても所詮は付け焼刃です。
根本的な理解が出来ているとはとても思えません。
内容を理解するためにはキーワードや関連する内容をうまく結びつけて覚えていくことが重要です。

高校入試の問題を見て感じたことは、出題者が大学入試改革を意識しているということです。
今年は少し難しかったように感じたので生徒たちの結果や平均点が気になります。
毎年のことながら、合格発表までのこの期間はソワソワして落ち着かないものです。


by up-kobetsu-oita | 2019-03-14 03:19 | 思うこと | Comments(0)