大分市の個別学習塾アップ

upkobetsu.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 06日

合同模試お疲れ様でした

夏期講習でほぼ一日中ずっと授業や準備に追われていたのでブログを更新する時間がありませんでした。
久しぶりの更新となってしまい申し訳ありません。

さて、昨日は中3生が第1回大分県合同模試を受験しました。
どの教科もいい問題が出題されていて、今の時期の確認には良かったかなという印象です。
ただ、少し易しめな印象も受けたので、平均点は例年より少し高いかもしれません。
大手塾さんが来週に実施予定という話も聞いておりますので、詳しいことは書きません。

ウチの生徒たちについては、全員分の答案を確認し、私なりの採点もしてみました。
まだまだ基礎の確認が必要という印象です。
それよりも気になったことは、文章を読めば埋められるような問題を埋めていないことです。
問題文が長いだけで、「きっと難しいに違いない」という勝手な判断をして問題を飛ばしたのが容易に想像できます。
こういう傾向はウチに長く通ってくれている生徒よりも、通塾歴が浅い生徒に多いです。
他塾から移ってきた生徒の中には詰め込みで丸暗記をさせられていた生徒もいます。
そういった生徒には、まず考えるという習慣をつけさせるところからのスタートとなり、非常に苦労します。
なぜ、どうしてという根本を意識した理解を重視するのがウチの指導です。
こういう指導方法ですから、すぐに答えを求める生徒には間違いなく向かないでしょうね。

最近、他塾さんのブログに書かれていたことで共感したことがあります。
年々、些細なことに対して質問してくる生徒が少なくなっているのでは?ということです。
疑問を持つことは学びの基本であると考えています。
自分で疑問を持つのと、周囲から言われたとおりにやっているだけでは学びに対する効果が違うと思います。
子どもたちには些細なことにも疑問を持ってほしいです。
こちらから質問して初めて「そう言われてみるとなぜだろう」と感じる子はまだいいです。
質問をしても「そんなの分からない」で終わってしまう子も多いです。

理解するためには「疑問を持ち、考えること」、これが重要ではないでしょうか。



クリックをお願いします
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


塾教育 ブログランキングへ
[PR]

by up-kobetsu-oita | 2017-08-06 12:27 | 思うこと | Comments(0)


<< 嬉しい来客      有意義な時間を過ごさせていただ... >>