大分市の個別学習塾アップ

upkobetsu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 23日

見方を変える その2

昨日の内容とはまた違った観点で見方を変えることについて書きます。
それは問題を解くときの見方を変えるということです。

たとえば、数学の図形の問題では問題用紙を回してみるとか。
社会の歴史では時代背景や出来事の流れを別の方向から見てみるとか。
具体的に言うと、明治後半以降の内容なら日本国内の動きからでなく世界の動きから考えてみるとか。

例を挙げればキリがないですが、見方を変えることによって新たなことが見えてくることもあります。
広い視野で多面的・多角的に考えることができるようになりたいものですね。
これは勉強に限ったことではありませんよ。

今ニュースで話題になっている社会問題なんかも一方的な考えからだけでなく、様々な方向から考えられるといいですね。
そのためにはメディアリテラシーが非常に重要になります。

ちなみに、メディアリテラシーとは
「情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと」です。
wikipediaより




[PR]

by up-kobetsu-oita | 2015-09-23 12:56 | 思うこと | Comments(0)


<< 競合塾      見方を変える >>